So-net無料ブログ作成
検索選択
カウントダウン ブログトップ
- | 次の20件

藤本義一賞 カウントダウンいよいよシングル [カウントダウン]

小道さんのコメントから、お題いただき

社会人落語日本一決定戦に今回から設定された
藤本義一.jpg「藤本義一賞」
この該当基準って、なんでしょうね?

この大会は、そもそも評価基準がエ~カゲン、いや言い過ぎました・・評価基準がわかりにくいので、「藤本義一賞」だけにキチンとした基準があるとも思いにくいのですが、新設されたということは何らかの基準を作ったはず。

皆さんがどうお考えなのかはわかりませんが、私の想像では・・
(勝手な想像ですよ、念のため)
自作・創作落語に与えられるんじゃないですか
社会人らしい・・」とか「今の仕事を生かした・・」とか、主催者と審査員からよく聞かされますよね。
「学校に行こう」「白昼の交差点」は理想形だと思います。
こういう噺の作者を想定したのか。

あるいは、毎年自作落語でエントリーし、他の予選出場者にも作品を提供している「さん太さん」のために新設したのか。

皆さん、どう思われるでしょうか?


てことで、これまでなら「市長賞」になったかもしれない人が「藤本義一賞」になれば、「市長賞」の確率がちょっぴり上るじゃないですか!!
やったね!!(←決勝に出てから言えっ!!

nice!(0)  コメント(8) 

役員会 あと15日 [カウントダウン]

役員会.jpg
予選会の前日、つまり金曜日、つまり平日、つまり勤労すべき日・・であるにもかかわらず、さらには間違いなく迷惑をかけてしまうことがわかっていながら「聖地ちりとてちん巡礼」をしたくて「欠勤届け」(事情により有給休暇ではない)を出し、認められました。

ほっ、「これで3日間楽しく過ごせるワイ」とニンマリしてました、そこへある筋からの情報が・・

「社長も常務も営業部長(取締役)もかなりの成果を期待してるみたい・・」

ギョエェェェェェェェェーーーーー!!!!
役員会の議題ですかぁぁぁぁぁぁ~~~????
負けたら広島に帰りません・・なんて決して言いはしませんが、出征兵士&ロス五輪の山下の気持ちがほんのちょっぴりだけわかったような気がします。

社長は「落語で好きな噺は、酒を5升飲めるかどうかわからないから飲んでみたっていう、あれ」とおっしゃる、世間の平均からするとずいぶん理解のあるお方。
もちろんご期待にお応えしたい気持ちはこ~んなに(両手をいっぱいに拡げてる)ありますが、残念ながら実力が伴いません、先にお詫びしておきます。

あと15日・・本気でお稽古しよ、っと。

nice!(0)  コメント(5) 

無眠@広島 あと19日(わっ、20日を切ってる・・) [カウントダウン]

ムーミン.jpg
昨日は、「あの無眠さん」が広島の地に降り立つ、ってことでカミさんと出かけました。
場所は広島市南区民センターのスタジオ(152席)
呉が生んだローカルスーパースター「ジャンボ衣笠たっぷり会」という名の独演会、そのゲストです。

会は朝昼2回公演、朝の部は9:30開場というのに9時にはジャンボ教の信者の皆さんがロビーにギッシリ、10分前に開場してすぐにほぼ満席、9:35にやってきた3人組はバラバラに座るしかないという盛況。
私たちは「客」として来たのに、ふと気付くと「ジャンボ衣笠応援団」と染め抜いた真っ赤な半纏を着せられて場内誘導整理係をやらされてました
・・なんで???
ま、ドサクサで木戸銭を払わずにすんだけど

お目当ての無眠さんは、いろんな意味で「後光が差してました」
無眠.jpg
全国各地にそれぞれひとりかふたりいらっしゃるであろう「別格」のおひとり、アマチュアアピールをしなかったら広島のお客さんは「プロ」だと思ったことでしょう。

「堪忍袋」が始まり、池田ネタか?と思っていたら後半の一部をバッサリ切っても20分くらいかかってます。
ご本人は「まだ10分にできてません」なんておっしゃってましたが、12分版を楽しみに待つことにしましょう。

nice!(0)  コメント(4) 

去年よりライバル多し秋の陣・・あと29日 [カウントダウン]

池田の大会、1位2位なんて狙ってません、そんな実力はない!!
でも「市長賞」GETの野望は持ち続けています。

2年前に画策した「プロジェクト池田」(http://884san.blog.so-net.ne.jp/2012-12-13-5以下参照)
そこで用意した飛び道具のうち、第1の矢「広島弁」
・・2年前、審査員E三郎師の前に砕け散り、私は挫折・・打たれ弱いんです、育ちがいいもんで。
その点、きのこは砕け散っても「広島弁」を拾い集め磨き上げ、ひとりだけ決勝に行きやがった。

私に残された第2の矢「夫婦参戦」
皆さんどう思われますか?
夫婦でエントリーしてド田舎から全額自腹でノコノコやってきて、ふたり揃って決勝のステージに上ったアホ夫婦・・たとえヘタッピでも夢の「市長賞」いただけそうな気がしませんか?
あっ、ヘタッピじゃあ予選突破できないけど、まぁそれは置いといて・・

ライバルは2年前にはいらっしゃらなかったはず(たぶん・・)
でも昨年は「出たっ!!」私たち以外にもアホ夫婦が参戦です、それも「福井ちりとてちん杯の覇者」こまちさんと英瑠さんご夫妻です。
予選同会場のこまちさん「まんじゅうこわい」にビックリそして大笑い、こりゃすごい。
が、こまち英瑠ご夫妻は審査員E三郎師の前に砕け散りました。
(私は2年続けて審査員E三郎師の前に砕け散りました・・)

今年こまち英瑠ご夫妻は不参加ということで、夫婦参戦の希少価値がでてきたぞ・・と思っていたら・・
「出たっ×2」大阪に超強力なアホ夫婦が誕生してるではありませんか!!
地元の上に実力抜群、さらに20歳も年下のヨメもろ~たオッサン、と話題性までも十分。

・・こりゃキビシィなぁ~と思いながら予選出演者の名前を見てたら・・あれっ?長崎にも?
それも、「夢の市長賞」をすでにGET済みの舞扇さんだ。

3組になってしも~た、毎年ライバルが増えていく・・いや、まだ予選出演者表に見落としがあるかも・・

nice!(0)  コメント(3) 

動物園と狸賽  あと33日 [カウントダウン]

トラ.jpgタヌキ.jpg
大分の笑らくさんや2年前のちゃん平さん、全国の仲間のみなさんみたいに「カウントダウン」でブログを毎日更新なんてできゃしないんで、「だいたい3日に1回くらいカウントダウン」にハードルを下げることにしました。

昨年の池田の大会、私たち夫婦の目標は「市長賞!」でした。
結果はご存知のように
 ◎きのこは一歩前進
 ◎私は置いてけぼり・・かつてはエラそうに指導してたのになぁ・・

で、今年の私の目標は「市長賞!」 進歩なし
きのこの目標は「賞金をもらう!」 着実に進歩してる

北海道や沖縄に比べれば近いとはいえ、「2泊3日打ち上げ付き大阪観光付きふたり分」ですからけっこうな負担ですよね、確かに賞金があれば助かります。

賞金をもらったらあんなことやこんなこと・・妄想はどんどん膨らみますが、ふと気付いたこと

 ◎きのこは「動物園」でエントリー
 ◎私は「狸賽」

これって・・トラとタヌキの皮算用・・ってか
nice!(0)  コメント(5) 
- | 次の20件 カウントダウン ブログトップ