So-net無料ブログ作成
検索選択
カウントダウン ブログトップ
前の20件 | -

気が付いたらカウントダウン1 [カウントダウン]

あれっ?、もう一日しかない!!
ってか、ほんの数時間後には(早朝勤務の後)東に向かわなくっちゃ!

信号待ちでふと前を見たら、なんてこと!!こんなナンバーが・・・
あわてて写メしたんでうまく撮れてないけど、まぁ判読はできるでしょ?
884.png
私のファンがいたっ、てことにして、気持ちよく出発できそうです。

ええと、ナンバーの意味がわからない方はこちらをどうぞ
http://884san.blog.so-net.ne.jp/2013-03-07
nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン 1 ってか、0 [カウントダウン]

新幹線の中です。
KIMG0241.JPG
東へ1000km の旅です。

カウントダウン1ったって、前夜祭の当日ですからホントは0。
帰るまでが遠足、無事に帰ることを一番に、うんと楽しむことを二番に、決勝に選ばれることを三番にして4日間楽しみます。

お江戸まで3時間ちょい、少しは稽古しとかなきゃね、でもワクワクが止まりません、大丈夫かな?
nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン2 ホントは1 [カウントダウン]

帰宅したのは25時、金曜日1時・・・土日祝なんて関係なしっていう仕事柄、4連休を取るには超残業が必須条件!
今年もムリにムリを重ねました。
朝には旅立ち、風林火山さんと前夜祭・・ってことは、実質カウントダウン0じゃんか!?

準備は万全かな?
昼にマジック道具をGETしました。
KIMG0235.JPG

木製さん、OKで~~す!!



nice!(0)  コメント(2) 

カウントダウン3 JRチケットキタァァァ~ [カウントダウン]

KIMG0231.JPG
本日チケット届きました。
出張族の味方!とかなんとかっていう商品らしい。
ホテル一泊付きで往復ののぞみ料金よりうんと安い!っていうやつ。

事前審査がどうなるやらわかっちゃいないのに、「木製独演会」があることなんて知りゃしないのに、金曜から月曜まで居続けるプランを3ケ月前に注文してました。
おかげで去年みたいに宿さがしで苦労しなくてすみましたよ。

事前審査に自信があったのか、って?
いえいえ、いくら田舎ワクがあるだろうからって、自信なんてありゃしません、「落っこちたらキャンセルする」ただそれだけのことですから。

ただ、フォーエバーのブログに「半分以上の皆さん、また来年」みたいなことが載っていたのでちょっとドキドキもんでしたね。

沖縄がいない、とかありましたが九州勢はいらっしゃるんでしょうか?
北海道がいない、というコメントは途中で消えてたようですのでどなたかいらっしゃるんでしょうね。
去年は「一番遠くから来た」ことをアピールしましたが、実力不足を補うことはできず、今年はその手すら封じられたみたいです。

いや、もしかして札幌より広島のほうが遠いかもしれん・・ま、似たようなもんだろうから「一番西から来た」って言おう、九州勢がいらっしゃったら「国際落語ですから中国は広島から来ました!!っていえば、審査員はつい誤魔化される・・・わきゃないなぁ・・
nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン4 工夫 [カウントダウン]

カウントダウン7の続き・・

稽古嫌いだけど、工夫はしてますよ。
どんな?って

前にも書きましたが、あっちこっちのおもしろパーツを繋ぎ合わせて原稿をおもしろくする・・ってこと。
一から創作なんて才能は持ち合わせちゃおりませんので、他人様のお知恵をいただいてます。
アマチュアの利点を生かしてる?ってことでしょうか・・

狸賽.png
「狸賽」は池田でやったので、時間制限はそのとき工夫して9分くらいに仕上がってます。
だから「短くする努力」がいらないだけ楽チン、いつもこれでけっこう苦しみますからね。

今回はその分「ちょっとでもよりおもしろく」にエネルギーを注ぎました。
「へ」を「に」にしたら映像が鮮明になったように思えたり、さらにおもしろパーツを加えたり、いろいろやってほぼ原稿に満足できたのが春、つまり半年前。

で・・・・・あわてて稽古してます・・・今・・・そう11月中旬になって・・




今年も女神はソッポを向きそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン5 稽古と準備 [カウントダウン]

いよいよ片手シングルになってしまいました
千葉に向けて稽古中、準備も着々、なんせた~くさんの小道具の中から厳選しなきゃね
えっはいもちろん
  マジシャンYappashi千葉デビュー
に備えて、どの小道具を持ってくかを悩んでますけど、何か
KIMG0228.JPG
あまり大がかりなモンは荷物になるし、ステージマジックなんだからちょっとは見栄えのするモンでなきゃいけないし・・・
さらに構成はどうする

考えてたら時間がいくらあってもたりゃしない
あと5日以内にちゃんとまとめないと、何しに千葉まで行くのかわかんなくなりますからね

う~ん、今夜も興奮して眠れなくなりそうです・・

nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン6 ラストチャンス [カウントダウン]

今日は広島演芸協会てい朝会長に誘われて、島根県の邑南町へ来ました。
KIMG0220.JPG
本番まで1週間、人前で最後の調整です。
まるで師が弟子の成長に合わせて機会を与えるかのごとくチャンスを与えてもらって会長に感謝感謝です。

「落語とマジック」となっていますが、専門の方を呼んでいますので私の「口先マジック」じゃありませんよ、念のため・・

さて、デキは・・
image2.JPG
「う~~ん・・」こんなんで何しに千葉まで行くの?って感じ。
稽古嫌いのツケがここにきて堪えてます。

しかたないので、あと6日心を入れ替えて稽古しましょう、そうすれば半年分くらいの稽古量になりますから・・・

・・・って、どんだけ稽古嫌いなんだ!!
nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン7  欠点克服 [カウントダウン]

カウントダウン9の続き

圓馬師匠にいただいたコメント
大家さんまで軽くなってる・・」に対して誓った

「この欠点を克服する!!」

で? どうやって?

精進に精進を重ね、稽古に稽古を積み上げ・・・な~んてことができるわきゃぁない!!
なんとか、努力少なく苦労なく稽古控えめで成果だけ手に入れることはできんもんだろ~か??

考えに考え抜いたら、ある悟りに達しましたよ

「大家さんまで軽くなってる・・」  に対する解決策!

それは・・・






「大家とか隠居が出てこない噺を選ぶ」ってこと

完璧ですよね、決して欠点は出ないでしょ?

ってことで、今年は「狸賽」で勝負!
タヌキ.jpg
主人公と仲間と仔狸しかでてこないんだから私にピッタリですよね
池田で砕け散ったネタですけど、千葉の審査員は途中で携帯メールで遊んだりしませんから
(審査員に関係なくお前がヘタなんだっ、っていう事実に目をつむってますけど・・何か?)

稽古や努力は嫌いだけど、ちょっとくらい工夫はしてますよ・・・続く


nice!(0)  コメント(2) 

カウントダウン8 えれぇ~こっちゃ [カウントダウン]

マジシャンYappashi  千葉デビュー
job_magician.png
・・って、マジっすか???

「千葉ドキ」から公式発表されてますぜ!!

コトの始まりは「千葉国際落語大会」の翌日23日に「(どこやらの祭りで)木製独演会鑑賞ツアー」なるものがあると知ったこと。
見てみたいけど、遠く西へ1000km帰らなきゃなんないんで
「時間を教えて!」って問い合わせると
「落語で出演しませんか?」

はぁ???

木製さん、あ~たね、私なんかに落語やらせたらあなたの株が落ちて来年から祭りにお呼びがかかんなくなりまっせ!!  てことで「落語での出演」は丁重にお断りしましたが・・・でも・・・ちょっと出てみたいな・・・マジックなんかお祭り向きだよな、な、な、な(誰に言ってるの?)

で、まぁそ~ゆ~ことに・・
カミさん(毒キノコこと妻やまのきのこ)の言葉
 「あの男前と落語で真正面から勝負しない、ってところだけは感心感心

はい、私もそう思います。

ただ、広島のごくごく一部の公民館と敬老会ではウケましたが、花のお江戸のすぐそばでどれだけ通用するのか?
へたすりゃ、落語とマジックの「ダブルノックアウト」を喰らって再起不能ってことも・・

構成を考え稽古しとかなきゃ、落語やってるバヤイじゃなくなっちまった!!



nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン9 昨年の予選 [カウントダウン]

カウントダウン10(正確には11)の続き

いよいよ当日

かなり早く会場入りしたのはいいけど、交友関係の狭さから顔見知りなんて見当たらない・・異国の地で田舎モンはちょっぴり心細い。
そのうち知った顔(こっちだけが知ってる顔かな?)が増えてきました。
も・小道師匠はオッパイプリンを持ってない!まぁいいけど。
あっ、先日ネットで知り合った豆蔵さんだ、いろいろお骨折りいただいたお礼をする、初対面だけど心強い、同じ会場ですしね。

会場は決まってました。ネタで割り振りしたんでしょうか、各会場もれなく「粗忽長屋」がありました。
きのこも「粗忽長屋」、決勝で同じネタを何人もやるはずはないから・・私の会場では・・ゲッ!ちゃん平名人が「粗忽長屋」になってます。
ネタはともかく西の名人がエントリーするなんて、なんという大人毛ない、いや大人気ない方でしょう・・なんて話をしてましたがご本人が現れません。
みんなが「どうかしたんじゃなかろうか?」なんて言ってると悠然と登場。
さすが王者は魅せ方を心得ていらっしゃる、心配性で早くから来ている私なんかとは風格が違います。

出演順は受付で抽選です、これなら不平不満は出ませんわな。
大練習室.jpg
私は7番でしたが、かね平さんが他会場に移ったんで13人中6番、決して悪くはありません。

予選が始まっても一般客の姿はなし、見ているのはライバルというか仲間だけ・・こりゃやりにくいなぁ・・関東の皆さんは教室に通ってる方が多い、と聞いてましたがこんな感じに慣れていらっしゃるんでしょうか?

全体の感じとしては「まじめ」というか「きちんとしている」っていう印象でした。
「落語に対するひたむきさ」も審査基準らしいのですが、「ひたむきさ」なんてカケラも持ってない私はど~しょ~~ってなもんです、上方のノリで勝負(たぶん・・)の豆蔵さんと、軽~く上滑りな私は明らかに会場で浮いていましたね。

全演者終了後、圓馬師匠から一人ひとりにコメントをいただきました。
良いところ悪いところ、さすがに的確なご指摘です。

で、私ですが・・・

「軽く楽しいところは良いですね」
  (「楽しい」はともかくとして「軽い」は皆さんおっしゃいます)

「でも」
  (ほら来た・・)

「大家さんまで軽く流れてしまってメリハリがなくなりましたね」
  (演者に貫禄がありませんもので・・)

「大家さんやご隠居の表現をもっと工夫しましょう」
  (ありがとうございます、でも私にはムリです)

          以上、心の声でした。

このとき決めました、来年は欠点を克服して出直して来てやる・・って。

どう克服するのか?

また続く・・




nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン10 [カウントダウン]

ほとんど更新しないまま一年が過ぎてしまったようです。

あっという間にカウントダウン10、(正確には11)
さっさと昨年のことを書いておかないと記憶がごちゃ混ぜになること必至。
というか、もうだいぶ忘れたみたい。
思い出しながらの日記です。

仕事の都合で池田の大会に参加できず(なんたって社会人なんだからね!)それなら、って訳じゃないけど千葉はどうなんだろ?って思ったのがそもそもの始まりなんですよ。
珍歌さんから「けっこうまとも(?)」とうかがっていたので、じゃあ行ってみようかな・・って気になったんです。

予選は50人くらいで決勝は10人くらい・・おっ、池田の3倍の確率じゃないか・・そんなら芸無しにも決勝進出のチャンスが・・よし、決~めた。
(ここで、芸無しにはチャンスなんてない!!ってことをすっかり忘れてますけど・・何か?)
私にとって、決勝に出ることがカミさんに追いつくこと、つまり家庭内地位の向上ってこと。
1位2位なんて狙わない、そんな力はない、目標は「決勝に出る!」それだけでオシッコちびるかも・・

そんな野望を抱きながら、珍しくそれなりに稽古していたのに、以前にも書きましたが、「雨乞い源兵衛」のつもりが「黄金の大黒」になってしまう(あと3日を参照)という躓きからスタート・・アホ夫婦の前途に暗雲漂う旅の始まりです。

無理に無理を重ねてやっと連休をGETし、さあ東へ・・
自宅から駅まで30分、そこから広島駅まで30分、乗換え等20分、さらに4時間で花のお江戸に着きました。
しっかし何という人の多さ・・「ははぁ、今日は祭りやな・・」と古いボケをかましてるうちに「毒キノコ」こと妻きのこは千葉行きのホームへ、置いて行かれないよう歩く・・歩く・・歩く・・まだか!というところで表示が目に入る、え~となになに「あと850m・・」えっ?「あと850m・・」  ア・ア・アホかぁ~  広島の市電なら4駅分以上あるぞ  都会人恐るべし、みんな当たり前の顔して歩いてる。

やっと電車に乗り込み約40分、途中のネズミーランドに目もくれず、やれやれ着いたぞ千葉市。ここまで1000kmだぁぁ!
(会社では、千葉に行ってネズミーランドに行かなかったの!?とみんなに言われちまった)
千葉には、かつて全国出張族だったころ何度も来てるけど、まさか自費で来るなんて思いもしませんでした。

駅前やその回りを見たところ広島とあまり違わないかなって感じ、田舎モンはちょっぴり安心。

会場を見ておこう、ってことでモノレールに乗りましたが設備はちょっと古め?広島っ子は路面電車に慣れてますんで、天井からガタゴトと音がするのはどうも落ち着きません。

下見もすませ、ヒマです。
カミさんは稽古してるみたいです。
ここらあたりに意気込みの差が出てますか?

センパイこと風林火山さんと呑むため駅前へ、
1447162137062.jpg
よ~く考えてみたら池田の「風鈴ファンクラブ」でほんのちょっと話しただけなのに、互いにほとんど知らないのに、普通なら生涯すれ違うことさえないだろうに、落語を趣味に持っててよかった、と心からそう思いました。

カウントダウン9に続く・・
nice!(0)  コメント(0) 

あと2日 [カウントダウン]

笑いの神.jpg

年に一度、「笑いの神」に感謝するときがやってきました。
きのこ観察日記3 http://884san.blog.so-net.ne.jp/2012-12-13-14
きのこ観察日記13http://884san.blog.so-net.ne.jp/2012-12-14-17
に書きましたように、決して信心深くはない私たちですが
素直に「笑いの神」に感謝いたします。

3年前と何も変わってはいませんので今年は何も書きません。

明日のお昼前くらいにド田舎を出発し東へ向かいます。
ただ、3連休を取るためムリにムリを重ねた結果、早朝5時からの作業がひとつ残ってます・・トラブルが起きませんように・・

nice!(0)  コメント(1) 

あと3日 [カウントダウン]

黄金の大黒.jpg
ド田舎ワクがあるだろ~から、事前審査で落としゃせんだろ・・ってことで悠然と構えていたものの、応募期限の10月15日を過ぎても音沙汰なし。
ホームページにはずっと募集要項を出したままだし、郵便受けを覗いても何もなし。
返信用の切手を忘れたのか???なんてちょっぴり不安に思いながら「雨乞い源兵衛」をブツブツやっていたら携帯に着信、覚えのない番号だが出てみる・・

千葉国際落語、フォーエバーの○○と申します」
えっナニゴトガオキタンダ??
『新作』となってますが、作者の承諾は得ていらっしゃいますか?」
小佐田定雄さんに承諾なんてもらっちゃいねぇよ・・
「いいえ・・」
「では演目を変更してください」
「はぁ

どうやら著作権問題を厳格に適用するらしい。
そりゃ正論だけど早く言ってよ~、珍しくまじめに稽古してたのに・・
急に変更ったって、今からまにあう10分ネタなんてそういくつも持ち合わせちゃおらんワイ・・と言ってみたところでどうなるもんでもない・・

「え~と、じゃあ・・・(ピンクレシートって言おうかな承諾も得てるし・・でも本人が事前審査に応募してるかも・・だとしたらオリジナルには勝てんし・・お前に何ができるんだ・・悩むほどのネタ数持ってんのか・・)(←ここまで0.5秒で考えてた)・・・  じゃあ  黄金の大黒で    」
「はい、変更ありがとうございます。2・3日中に通過のお知らせが届きます・・」

なんじゃい、通過しとんのかい!!(内心ではホッ)

数日後、カミさんのと同時にオテマミが届きました。

あと半月で「黄金の大黒」を何とかせにゃならん、「雨乞い源兵衛」ほど工夫も努力もしてないしなぁ・・心ひそかに狙ってた「決勝進出」の夢が遠ざかる~~
nice!(0)  コメント(6) 

あと4日 [カウントダウン]

images.jpg
事前審査は「古典・10分」てことで、たまたま10分程度にまとまってる「狸賽」の映像があったんでDVDにコピーしてOK。
申込用紙に「予選・決勝の予定演目を入れろ」とあります。
新作でもよい・・か。
どうしようかな?

全国の(国際大会だから全世界の?)人に10分で強い印象を与えるには??
あ、もちろん実力があればやりようはいろいろでしょうけどね。
実力なく、努力少なく、成果だけを手に入れるには???

いろいろ考えた末(その時間に稽古したら?っていう発想は全く持ち合わせておりませんけど何か?)今回の作戦は、3年前の「プロジェクト池田」の焼き直し・・これにしました。
こちらを参照願います
http://884san.blog.so-net.ne.jp/2012-12-13-5

これで安心(どこが??)
「雨乞い源兵衛」をちょっぴり稽古しながら、事前審査の結果を待ちましょ・・とゆったり構えていたら・・(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

あと5日 [カウントダウン]

今年は夫婦ともども仕事の都合で池田の大会に参加できませんでした。
「仕事があるから落語できません!!」   ん~これぞ社会人落語家の鑑、ちょっとカッコいい??

で、まぁ池田に行かなかったから、ってわけじゃないけど「千葉の大会ってどんなんだろうなぁ?」って思いましてね、事前審査だけは出しておこうかなぁ・・って。
あの」風林火山さんに主催者情報を教えてもらって、古典で10分ってことですので「狸賽」でDVDを送って・・ふと気付くとウチのきのこもなにやらゴソゴソ、どうやら似たようなことを考えていたらしいんです。

まぁそれはともかく、休みを取らなきゃ話にならん、ってことであれこれ画策しましたよ。
その分毎週のようにいろんなイベントに駆り出され(芸人としてではなく裏方として、ですからちっともおもしろくはない)還暦近い体はへろへろだし、敵前逃亡して落語をしたのがバレて大目玉を食らいもっとキツイ現場に行かされたり・・
でも何とか上司の回りに「しかたないか・・」という空気を漂わせることに成功!!やったね!!

これで行くことだけはできます。
関東のみなさん、ずう~っと西のド田舎からやってくるアホ夫婦を優しく迎え入れてやってくださいね。

nice!(0)  コメント(4) 

カウントダウン0の続き [カウントダウン]

(記憶が消えないうちに)

目覚めると雨[雨]大阪

ローソンで傘を買った
・ ・2年前、ドンキで傘を買った
・ ・1年前、ファミマで傘を買った
我が家には白いビニール傘が6本、これが毎年の大阪みやげになってます。

てるてる広場に着くと1年ぶりの顔がた~っくさん、3年着替えなかった(らしい)笑吉さんはさすがに着替えてた←もっと暑い時期なら着替えてなかった、かも
三ん生さんに岡山みやげをいただいたり(荷物が増えてジャマになった・・けど、うれしい)してると、二代目名人に声をかけていただいた、覚えてもらってたことがとってもうれしい・・ちょっとミーハーですか
久しぶりの方々とワーワー言ってると、団扇を持ったオモロそうなオッサンが目の前に、あっ山形「も・小道」(たぶん)
きっと期待していらっしゃるだろうから「顔が違~う!!」ボケてさしあげた。
とっても喜んでいただけた・・はず・・と思う・・(たぶん)

市長さんの挨拶などのあと会場へ・・去年とおなじ「ピアまる」まぁそれはいいけど、審査員席にナ・ナ・ナント!!!!!E三郎師!!!!!!
去年と同じだぁぁぁぁぁ!!!!!
いや、2年前の駅前南会館もE三郎師だった、つまり3年連続じゃないかぁぁぁ!!!!!
2年前は「静香姐さん」昨年は「りんりん嬢」が予選通過してます、なんとなく男性陣の士気が下がったように感じたのは私の気のせいでしょうか

栄歌さんは静香姐さんの耳元で「あんたで決まりや」みたいなことをささやいてツーショットでパチリ、「ゆとり」なのか、いや「ゆさぶり」をかけていたのでしょう。

私は7番目なので他会場をウロつくこともなく、すぐに着替えて会場の後ろ、審査員席の斜め横に陣取りました。
と、30番つまりケツの出番(5時間後ですよ!!)の栄歌さんがもう着替えて横にいらっしゃいます。
全員を見るつもりのようです、「本気」がビンビン伝わってきました。

トップ私学さん、元気よくスタートしたのにメクリメクラレズ状態だったため初めからやり直し、気の毒なようなオイシイような、まぁ会場はなごみましたからヨシとしましょう。

2番手、ちゃん平名人が送りこんできた注目の刺客第二弾、「『あの』風林火山を超えるって噂の牛志楼さん、おもろいやんか&ウマイやんか、二松亭恐るべし・・ですよ。

このあたりで急に不安になって場外でネタをブツブツやってたんで3人聞いてません。

6番手、脂々○(ししまる)さん、うまい・楽しい、日本は広いなぁって思いました。(私が知らないだけで、きっと有名な方なのでしょう)

栄歌さんはずっと控え室に詰めてます。

さっ、いよいよ出番、でも過去2回に比べてどうにも気がのりません、審査員が誰であろうと全力で行かなきゃと思いながらも何となく醒めた自分が居るのがわかります。
いやいや無心で臨もう、と気を引き締めお辞儀して顔をあげると目線の先にちゃん平さんの顔が・・う~ん、やりにくいなぁ・・ちょっと目線をズラしましょ。
3割くらい、つまり3分経過ころ審査員席が見えた・・携帯でメールしてるよ・・聞いてんのって言いたかった、初めの2分でもうわかった、ってことでしょうか
過去2回ほどには「楽しい!」と感じられないまま終了、同時に市長賞へのチャレンジも終了。

傳右衛門さんを半ばまで聞いて着替えに行き、キッチンカーで新商品をいただいてピアまるへ戻ります。

栄歌さんはずっと控え室に詰めてます。

静香姐さんから「かかしさんの出来が良かった」ことをきき、前半での候補は「牛志楼さん・かかしさん」かな、と予想。

さて後半スタート、池麺って名のそこそこイケメンさん、いきなり膝に孫悟空の人形をつけた立体落語、小学校の若い先生ですからきっと人気者でしょう。
会場も大いに盛り上がりました。

栄歌さんはずっと控え室に詰めてます。

鹿鳴家軍団に続き、梅香・静香と名前からして綺麗どころ登場。
梅香さんを見てるとき、栄歌さんが「ホッペにチュウ」の体勢で迫ってきます・・
・・あっ、いえ、心の準備が・・愛人2号にしてくださる・・

・・話を戻して・・栄歌さんがそっと耳打ち「ひとつ決まりやな
つまり、おそらく2つあるであろう決勝進出枠のひとつは決まったな、ってこと。
私もそう思っていたので、「演者としてはともかく、見る目はしっかりしてる」ことに自信を持ちました。

静香姐さんを見てから「も・小道」応援のため池田会館へ移動、猿之助さんに間に合い、本気の芸をたっぷり堪能。
会場は大入り、出演表に赤マーカーを引いて有名どころをたくさん見よう、という「おっかけ」が大勢いらっしゃいます、赤マーカーを引かれるようになりたいもんです。

噂の「かしぽんさん」のお姿に魅了された後、お目当ての「も・小道」登場。
自信がないだの出来が悪いだの、グズグズ言ってたのに弾けまくっておもろいおもろい、不覚にも(?)大笑いしても~た。
こりゃ、選ばれても誰からも文句は出んだろうな、って思いましたよ。

ピアまるへ戻ると、「30番の栄歌追っかけ」の赤マーカー組が続々集結中、29番笑らくさんのころには空席なしで立ち見もいっぱい、熱気にあふれるいい状態。

この「栄歌追っかけ」でギッシリ満員の会場で大爆発したのが笑らくさん。
反則だろネタ」というか「池田スペシャル」というか、天井が落ちるんじゃないかと心配するくらいドッカンドッカン、お客様も審査員もみんな息が苦しいほど笑いすぎてグッタリ疲れ果てた表情。
「直前でやられちゃ、どぉもでけん」とつぶやいて高座へ上る栄歌さんの姿が印象的でしたね。

栄歌さんをギャフンと言わせる人なんて日本中に何人もいませんよ。




決勝進出者発表で、ネットで絡んだり絡まれたりして遊んでた人が3人選ばれ

「おめでとう、良かったね!!」



・ ・本心から思いました・・



・ ・けど


・・「取り残され感」・・これがあまりにも大きすぎ・・

力がないんだから、しょうがない・・
努力と工夫で力をつけろ、ってことですね



FANクラブの集いは楽しかった、いつまでも続けましょう。

nice!(0)  コメント(5) 

カウントダウン1の続き [カウントダウン]

(折れた心をつなぎ合わせ、忘れないうちに書いておきます)

この金曜土曜、我が職場はとっても忙しいのです。
だから休むなんてありえないはずなんです。
私のような優秀な人材はあちこちでひっぱりだこなんです。

・・あっ・・ちょっとウソ言いました・・誰でもいいから人手が欲しい・・でした。

いくら社長が落語に興味を持っているったって、「試し酒」が好きだからって、簡単には金曜日に休めません。
いろいろあって、木曜の深夜から金曜の夜明け過ぎまで必死こいた模範社員とは私のこと、社長以下役員・同僚の期待を背負い、帰宅後バタバタと用意して10時ころ出発!!
前日・阿品.jpgJR山陽本線阿品駅まで30分、広島駅まで30分、新幹線は指定席を奮発して景気付け・・と思ったら広島始発じゃないか!?
のぞみ.jpg
ちょっと損した気分・・指定席料金マケろ、ぶ生専務(←広島演芸協会の仲間、旅行社の専務取締役ですぞ、全社員数5名といえども)

夜なべ仕事の疲れですっかり寝込んで、すぐ新大阪。
その間、きのこストップウォッチ片手に最後の調整、もうこのあたりで差が出てますね。

大阪駅でなにやら用をすませ、1年ぶりの阪急電車、「会いたかったぞ、そちも堅固でなによりじゃ!」と遊んでるうちに池田着。
会場付近をウロウロ、ビリケンさんの足のウラをコチョコチョして、さあ憧れの聖地巡礼です。

田舎者ゆえ地理不案内、たしかこのあたりのはず・・と思ったら目の前に大きな赤提灯
ここがエルサレム・伊勢神宮と並ぶ世界三大聖地、ちりとてちん。
オーラに包まれた本殿に、私は感無量でただ佇むのみ。
毎日3回、人民はどこにひれ伏してお祈りを捧げるのだろう?・・なんてやってるうちに、きのこはさっさと入店しちまった。
聖地.jpg
せっかく来たんだからもうちょっと遊んでほしかった・・

店に入るとショダイがにこやかに出迎えてくださった、ああもったいなや・・
カウンターのむこうで包丁を持つのは「むかし指導していた嫁に抜き去られてしまった夫の会」の同志、豊蝶さんだ。
(※参考・この会には猿之助さんが近日入会予定らしい・・というウワサです)

カウンターのオジサマとご婦人は・・楽々さんだ、もうすっかりデキあがってる感じ。
イチジクの天ぷらとかいろいろいただいてると珍歌さん来店、まだケガはしてないみたいです。

やがて落語仲間が続々と来店、翌日の奮闘を祈り祈られ聖地を後にしました。

カウントダウン0の続きに続く・・

nice!(0)  コメント(2) 

カウントダウン0 [カウントダウン]

当日~!!
大阪~!!
雨~!!
コンビニで傘を買った
去年もおととしも傘を買った
我が家の傘は大阪土産のものばかりです

きのこの着替えがすんだら、てるてる広場へGO!!!
nice!(0)  コメント(0) 

カウントダウン1 [カウントダウン]

やってきました、笑いの都!!!
金曜の朝から動けるように、ムリにムリを重ねて眠いよ~。
ホテルに荷物を放り投げて、会場近辺をウロウロします。
誰かに会うかな?
nice!(0)  コメント(4) 

こんなのめっけ!! あと4日 [カウントダウン]

べっぴんよせ.jpg
知人が、以前チラシをGETしていたそうだ。
へぇ~こんなのがあるんだ・・
でも「べっぴん寄席」って、かつて私が指導していた(思えば、あのころがピークだった・・)広島女学院大落研の定例会の名前と同じ。
他所ならともかく広島でこの名を聞くとは・・
ま、今では廃部になってるからどーでもいいけど。

え~っと、今回のメンバーは・・大阪で知り合った美女がいっぱい。
あっ、小遊さんはナマで見たことないなぁ・・
葉櫻さんも北海道から来るんだ、この姐さん落語の旅費に毎年いくら使ってるんだろ
行ってみようかな・・ムムッ、この日は仕事の関係で、行けても後半あるいはお終いギリギリだ。
う~ん、なんとか工夫しなきゃ・・

・・って、先のこと気にしてるバヤイじゃないだろ!!あと4日
nice!(0)  コメント(4) 
前の20件 | - カウントダウン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。