So-net無料ブログ作成
プロジェクト池田 ブログトップ

DVD見た [プロジェクト池田]

かかしさんから「池田ピアまる会場」の予選DVDが届きました。
6会場あったのに、たまたま「ピアまる」だったんでラッキーなことに映像が残りました。

まずは29番笑らくさん30番栄歌さんを見ましたよ、このおふたりの印象が強すぎますもんね(あの場にいた人ならおわかりですよね)
映像になると、おもしろさはライブの1/5いや1/10になるものですけど、このおふたりはすごかった、池田スペシャル反則ネタで天井が落ちそうなほど会場を沸かせた笑らくさんと、その直後のやりにくさの中でちゃんと会場中を大笑いさせた栄歌さんをナマで味わった私は幸せ者ですね。

で、私の映像ですが・・去年の「伝楽亭あとのまつり」から1年、どれだけ進歩してるんだろ~か???
さっそく見てみると・・「うん、悪くない・・」
そう、決して「悪くない」と思います、でもそんだけ。
魅力にとぼしいよなぁ・・確かにソツなくこなしてるようには見えますが、E三郎師の心に訴えるようなものはありませんね、笑らくさんや小道さんの工夫に比べれば何もやってないに等しいなぁ、ナニが「市長賞狙い」だ舐めんなよってやつです。
いくら「ちゃん平さんの頭」がドアップになってる、ったって言い訳にもなりゃしません。(その隣にも似たような頭が・・)

さて今年の秋ですが、どうなりますやら・・9月の土日は2回、10月の土日は(たぶん)3回仕事で埋まる・・はず・・いくら優しい社長でもムリかなぁ・・

nice!(0)  コメント(0) 

笑いの神様と仲間のみなさんに感謝感謝 [プロジェクト池田]

2012年9月11日の日記

池田の予選で私の出番は予選21人のちょうどド真ん中の11番、あちこちたくさん見て回るわけにもいかず、コミュニティー1F、去年同会場で知り合った伴美家羽寝さんを拝聴、会場はいまひとつ硬さが残っている中「おっ、こりゃおもろい」

満足してすぐ2Fへ駆け上がり、これまた去年同会場で私の次だったウーロンちゃんに間に合いました
私のことを覚えていてくれて「年に1度会えるなんてステキですよね!」なんて言ってくれて、オジサンはちょっぴりうれしい(カミさんにはナイショ)
で、次のジャンボ衣笠(広島の仲間)の応援をイヤイヤながらやって(←って、ウソよ)大急ぎでピアまるに戻ります

なんとかこまちさんに間に合いソデから拝見、ウマイ!まんじゅうこわいって、こんなにオモロかった?
エントリーは福井だけにしてよ、って本気で思いましたもの

ふたり前の呆っ人さん、高座に上がるのに介助が必要なほど目の悪い方なのに目線はしっかりしてるし、笑吉さんの「この人はウマイですよ」の情報通りのすごさ、日本は広いんだなぁ

急にあせりを感じてブツブツとネタの確認、木凛さんほとんど聴けてません
さあ、来た、よしっ行くぞぉ

「10分中入りで~す、すみませんね、いいですか?」

いいですか?って、中入りなしって言ったぞ、駅前広場で聞いたぞ、
いちど下がった会場の雰囲気を盛り上げるテクなんて自慢じゃないが持ち合わせちゃおらんわい、どうせならもうひとりすませて、猿さんの前で中入りにしろよ~

と心の中で叫んで、口からは「あ、はい、いいですよ・・」

10分後、気を取り直して高座へ、あっお客さんちょっと減ってるし雰囲気落ち着いてしまってる、でも自分なりに工夫をし、ヘタなりに稽古も重ねた大好きな噺です、思いよりウケは少ないながらも自分では全力、まあまあのできでした(他人が何と思おうと・・)

次の猿之助さんを会場の後ろから拝見・・こりゃモノが違うワ・・予選出場者中たぶん10人くらいいらっしゃるであろう、社会人落語家の中で「突き抜けた人たち」のおひとり
工夫に工夫を重ねてる、「本気」がビンビン伝わってきます

誰が選ばれるにしても、私の「メ」はないことがはっきりわかりましたので気持ちを切り替え急いで落語みゅーじあむへカミさんの応援にむかいます
もともとカミさんの応援ついでに、どうせ大阪まで行くなら私もエントリーしてみようかな、ってことから始まってますからね

きのこ観察日記14に続く
(「あの」猿一派に加えていただいたからには、日記は続きモンにしなきゃね)

nice!(0)  コメント(0) 

社会人落語日本一決定戦を楽しむコツは [プロジェクト池田]

2012年08月29日の日記

「決勝に出て、名人にはならないこと」(by さるやん)

名人にならない自信なら100%ある、でもそれじゃあ半分しか楽しんでないんですね
たっぷり楽しみたいなぁ・・

出演表によると・・私の直後が「立の家猿之助さん」そう、日本で3番目に落語が上手な人です
なんとか引きずりおろせないかな?
直前の利点を生かし、会場と審査員を冷えきらせて渡す、ってのはどうかな?
あっ、「死なばもろとも作戦」で自分も落ちたんじゃあ意味ないんだった
一服盛るか?

ま、冗談はともかく「ピアまる」の仲間たちってどんな人たちなんだろ?

交友関係の貧弱さから、ほとんど全員知らないし、昨年同会場だった「呆っ人さん」も見てないのでどんな人かわからないとは情けないです、はい

てことで、よしゃあいいのに「怖いもの見たさ」ってんですかね、ちょいと調べてしまったんですよ
てぇと出ること出ること!
福井の覇者の映像・・こりゃすごい、映像でこれか!ライブならこの3倍5倍おもろいだろ~な、猿之助さんが怖がるのもよ~くわかります
他にも福井の入賞者、独演会で有料で130人集める人、英語落語の本を出版した大学のセンセ、あ、いかん、もうやめよ、気分が悪くなってきた

こん中からひとり?
池田会館ほどじゃないにしても、どの会場も厳しい・・

昨年のような飛び道具をな~んも用意しないままカウントダウンひとケタになりました
「プロジェクト池田2012」は・・しかたない・・エ~カゲンが売りなんだけど、涙を呑んで・・ちゃんと稽古しよっ・・かな?

nice!(0)  コメント(0) 

行けます、行きます、池田「第4回社会人落語日本一決定戦」 [プロジェクト池田]

2012年8月25日の日記

いろんな問題でひっかかってましたが、問題を解決することなく蓋をして、1年ぶりに笑いの都へ夫婦でうかがいます
はい、もちろん打ち上げのために

予選でご一緒する予定の猿之助さん他のピアまるセンター組の皆様、ほとんど影響ないですがコンマ5%くらいは確率が落ちますよ

しっかし、私たち以外にもふたりでエントリーしたアホ夫婦がいらっしゃったとは・・計算外でした・・しかも福井の覇者だそうで・・しかもふたり揃ってピアまるだそうで・・

飛び道具を封じられては私の可能性は0になりましたな

落語みゅーじあむ組の皆様、21人のドン尻に出ますイナカモンをどうぞよろしゅうに
池田の観客の皆様、最後まで見てやってくださいね

nice!(0)  コメント(0) 

はるかなる池田 [プロジェクト池田]

2012年06月01日の日記

昨年、社会人落語日本一決定戦に夫婦揃ってエントリーし、帰宅後の感想は・・

「・・金がかかった・・」

そこかい!てぃっ!!とツッコミがはいりそうですが、ほんとにそうだったんです

金曜から「落語のまち」をウロつき、予選(出た)決勝(見た)おまけに大阪観光まですりゃ高くつく
約10万円は我が家の家計には結構な負担でした

もしも今年も行くとしたら・・
聖地ちりとてちん巡礼もしたい、名所伝楽亭にも行きたい・・どんどん予算規模が膨らみます
それでいて目標は「市長賞」ですから、万万万が一が起きたとしても賞金はありませんよね

カミさん(やまのきのこ)は「今年『も』私『は』行くからね」
え~と、つまり、家計からは一人分しか出さないよ・・ってことかな?

大阪やその近郊の皆様がうらやましい・・あっ大阪だと事前審査はキツそうですね、うらやましいなんて言っちゃいけません

予算の壁・事前審査の壁に加えて今年は大きな大きな「どうやら土曜日、仕事を休めそうにない壁」が立ちはだかってます

プロとも学生とも異なる、これぞ「社会人」!!・・てか?

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田2012」 話し方・池田で感じたこと [プロジェクト池田]

2011年10月01日の日記

話し方  田舎モンが笑いの都へ行って感じたこと

「皆さんけっこう早い・・でも早口じゃない」

広島でノホホンとしている感覚と比べて2割くらいは早いと思います。
でも早口じゃない・・
早くて小気味良く、聞き取りやすいので情景がくっきりと浮かびます。

雨乞い源兵衛9分バージョンは原稿の文字数では平均以上だろうな、と思ってました。
でも並かやや少なめくらいみたい。

社会人落語日本一決定戦・決勝の10名(+虎や志さん)のほとんどの方は早いけど早口ではなく、心地よく楽しく聴かせていただきました。
・・もしももしももしも・・万万万が一・・私が決勝に残っていたら・・「なんだよ、あいつ、間延びしてリズム感のないヤツ」・・想像したとき背中がゾッとしてホントに冷や汗が出てました(いらん心配です、はい)

私はテンポの早い噺が好きですから(ゆっくりじっくり聴かせる芸なんて持ってない)これからは「小気味よい早さ」を身に付けます。

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田2012」 始動 [プロジェクト池田]

2011年09月24日の日記

社会人落語決定戦の興奮もそろそろ醒めた頃ですね
きのう大会後初の高座でした・・が・・
できはイマイチ、イマニ、イマサンくらい、なにやら硬い雰囲気のまま終わりました。

いつも「自分が楽しければそれでよし」なんですが、どうも楽しくない、祭りの後の脱力感とも違う何かダレた感じ。
ネタは「短命」学生時代から大好きでカミさんとの思い出もいっぱい詰まった得意ネタ、なのに何か変・・

時間です。久しぶりに稽古してみますと22分かかってます。
いつも20分以上かかって、それを短くしようなんて思いもせず「かかるものはかかるんだ」でした。

池田では10分縛りの苦労を味わいました。
5割カットなんてムチャだ、と思ってましたが質を保ったまま9分にできました。
聴く立場では20分版より9分版のほうがテンポよく楽しいだろうとさえ思えます。
ちょっとムリしたとこもありますので12分なら最高ですね。

こんな経験をしての「短命22分」はあちこちムダが目立ち間延びして、どうにも面白くありません。
ただ縮めるのではなく、おもしろさを凝縮し、内容を濃くして完成度を上げていきます。


以上をネタ創りの基本として、次回は「話し方・池田で感じたこと」を書きます。

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田」番外編2 またやってみる [プロジェクト池田]

2011年09月09日の日記

生のお客様90人の前という、私にとって本番前の貴重な貴重なチャンスが来ました。
私を初めて見る方ばかり、ちょっと緊張。
主催者は今後も続けたいそうで、今回の出来次第で次回出演者に迷惑をかけることにもなってしまいます。あっ、もっと緊張・・

天気の話でツカミはまずまず、本題に入ったところから時間計測、予想以上にお客様の反応が良くて(自分では)楽しく時間内に話し終えたつもり・・10分40秒、アウト・強制退場処分ですね。
稽古ではいつも、池田のお客様にバカウケすることをちゃ~んと計算に入れて(獲らぬタヌキもいいとこ・・)それでも時間内に終えているのにな・・

ソデにいたカミさんに
●稽古のときよりペースがやや遅かった
●テンポが悪く、引っかかってるところ何ヶ所か有り
(ボイスレコーダーで確認)
を指摘されました。
残り時間はわずかですが、稽古でなんとか約1分の改善をしましょう。

でも、「広島から来ました」くらいは言いたいですし、安全も見込んであとほんの少しネタそのものも削ることにします。
もう贅肉なんて落とせるだけ落としたボクサーみたいにギリギリですから30秒でもツライところ、「自分が楽しければそれでよし」の信条を曲げ、大好きだけど反応いまひとつのクスグリをカット、あの言い回しを簡潔にしてこの言葉を工夫して・・おもしろさを損なわないよう更に1分弱のダイエットに成功しました。

やっと完成、やれやれですが「かみ落語」を見て「あっ」とビックリ、誤記発見、事務局に問い合わせると「ホームページはすぐ修正しますが、印刷物はムリです」とのこと。
・・しかたない、高座からマクラ代わりに口で説明しましょう・・ここへ来ての30秒は貴重、というかズシリとこたえます・・更に30秒分削り落としました。

あとは稽古稽古です。(こんな言葉が私の口から出るなんて、9月の池田に雪が降る)
こんなに稽古するのは学生時代以来・・30ン年ぶりだなって今気づきました。
埃に埋もれていた「やる気モード回路」の掃除をしてます。

全国の社会人落語家仲間の皆さんの「記憶」にちょっとでも残りたいから・・

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田」4  秘策の「飛び道具B」 [プロジェクト池田]

2011年08月27日の日記

落語の構成力・表現力・演技力はまあ人並み?いやいや赤点ギリギリで、私の辞書に「粋」の文字はない、それでいて手にできる他人に簡単にはマネ出来ない「飛び道具」・・そんなのある?

あるんです、うれしいことに才能も努力も不要!!
社会人落語家の中でも粋な江戸古典落語のトップエース、てい朝さんでさえも手に入らない、広島演芸協会でも最大限定3つしかない「飛び道具」
 ・
 ・ 
それは
 ・
 ・
「ウチのカミさん」

何が「飛び道具」なんだよ!・・って?
カミさんならウチにもおるぞ、お前ンとこよりベッピンの・・って?

(これより先、しつこいようですが例によって独りよがりの妄想です・・)
主催者としたら「『社会人』落語」をアピールしたい・・はず。

他の自治体の視察団に「いろんな人がいますよ、お医者さん・学校の先生・お坊さん・社長さんやフリーター、そうそう、夫婦で出た人もいましてね」・・話のタネにはなりませんか?
交通費・宿泊費その他全~~部自分持ちでド田舎からノコノコやって来た落語バカ、いや落語好き夫婦って
「おっ、こいつらは?」
ちょっと気になりませんか?
(参考:広島演芸協会には「夫婦でやってるアホ」いえ「熱心な会員」が今3組います)

昨年の予選出場者リストを見る・・同姓で同地区で男女で・・見当たりません(見落としてたらごめんなさい)
・・「よしよし、希少価値がある」・・
・・「イリオモテ山猫くらいに希少」だけど「価値はノラ猫以下」かな?
でもまあ「希少」には違いない。

ムフフ・・「飛び道具B」OK

エントリーシートにもばっちり書きました。
そんなんより稽古しろよ、の声は耳に入りません。

ここで珍歌さんから重要情報GET

「ちろりさんのダンナさん、エントリーされてたはずですよ」

ガラガッシャーン(飛び道具が落ちた)「希少」じゃなくなった・・そんなぁ・・
ちゃんと稽古しときゃよかった・・(そうじゃなくたって稽古しよーよ)・・どん兵衛が遠ざかっていく・・

ん?・・確か名人ってのは・・急いでホームページで確認・・出場資格がない!!
これって天皇陛下が国会議員に立候補できないのと同じかな?違う?

まあとにかく「希少」復活。今回(ちろり名人の)ダンナさんが出るったって「夫婦で」じゃないもんね、ね、って誰にアピールしてるんでしょ?

飛び道具Bを手にした私は、右向いて左向いてブツブツ言いながら赤ペン片手にネタ帳の手直しをしてるカミさんにすべてを委ね、安らかな眠りにつきます。

寝る前に稽古しろよ、の声は耳に入りません。
だって、どんだけ稽古したってカミさんの方がうまいしオモロイし・・


次回 「きのこ観察日記」 をお届けします。

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田」番外編1 やってみる [プロジェクト池田]

2011年08月23日の日記

社会人落語日本一決定戦本番前に、今回の「雨乞い源兵衛10分バージョン」を生のお客様の前で何度かやっておかなくてはなりません。
でも私のまともな高座は年間10席程度、ひどいときにはふと気づくと半年くらい平気でご無沙汰してます。

こういうとき頼りになるのが広島演芸協会のリーダー、てい朝会長、なんと8/20と8/28の2回の高座を用意してくれていたんです。
まるで師が弟子の成長に合わせて課題を与えるかのように・・
ありがとう、たまたまの偶然とはとても思えません。(いや、たぶん偶然・・と思う)
不具合を見つけ、修正改良して最高の状態で本番に臨むにはベストタイミング。

さっそく試してみて・・技術面は置いといて(置くな、という声は当然のように無視)
★5割カットで、話が飛んでしまうとか意味不明になる、ということはなさそう
★20分版とおなじところでちゃんとウケた・・よかった
★一番好きなクスグリを忘れた
★マクラを別にしても10分をちょっと超えてしまう
と、わかりました。
技量はともかく、構成面での不具合は少なそうなのでまずまず安堵です。
原稿の修正はほんの少しですみそうですし、テンポよく、1週間しゃべりこめば28日は問題なくいけそうです。(技量はともかく・・ね)

それと、とってもとっても嬉しかったことがひとつ
約80名、満席のお客様でしたが最前列に小学生が数人、ちょうど私が落語菌に感染したのと同じ年頃。
彼らが笑い転げてたんです、ちゃんと内容を理解して。
私が落語菌に感染したとき、テレビの「長屋の花見」がおもしろくておもしろくて、仰向けで手足をバタバタさせ、息ができなくなるほど笑い転げたのもこんなんだったのかな、一瞬ですが小学生に戻っていました。
トリのてい朝さんのちりとてちんで彼らの「笑い転げ」はピークに達しました。

将来落語バカになるかどうかはわかりませんが、生まれて初めての落語を楽しかったおもしろかったと感じてもらえたはず。

このことが今日の最高の収穫でした。

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田」3の2 [プロジェクト池田]

2011年08月22日の日記

珍歌さんからコメントをいただきました。

●「江戸の古典落語というのは、舞台が江戸で、江戸でなければありえないシチュエーションが多く、ただ言葉だけ変えたのではまったくへんてこなネタになってしまい、あまりいいものはできない」

●「上方落語を直すほうがやりやすい」

すべて見透かされていました。
私がやったことくらい、とっくに考えていらっしゃったのです。

でも、(今更やり直せませんので・・)あえて発表 「飛び道具A完成編」

古典の名作を広島弁に翻訳しようとしたってうまくいかない、さあどーする?
  ・・の続き

大阪の人にとって「田舎もん」ってどんなイメージなんでしょうね?
上方落語の「田舎もん」の言葉って、妙に広島弁っぽいんですよ。
(江戸で田舎とは東北を指すんでしょうね、たぶん)

設定が田舎になってる噺ならどうだろう?たくさんありそうだしな。
よし、これでいこう。

私はただただおもしろい噺が大好きなんで
(前にも書きましたが、人情噺・怪談噺・芝居噺なんてしない、てかできない)
今回は「雨乞い源兵衛」をチョイス
●筋はばかばかしいし
●場所はいなかで
●武士も粋な職人も女も出てこない
●広島弁に直しやすくて
●表現力の乏しさは原作のおもしろさでごまかせる

初めて聞いたとき、私のためにある噺だ、と大げさではなく感じました。
小佐田定雄さんありがとう。

でも問題が・・この噺20分ほどかかる・・えーっと規定は?ゲッ10分・・どうする?

とりあえず事前審査は20分バージョンで送っときましょう、備考欄に「本番までに10分以内にします」って記入して・・

さて・・2~3分削るのならともかく、5割カットなんてどうする?

蓮舫大臣にお願いしようかな?
「2位じゃいけませんか?」
「市長賞狙いです」

・・遊んでるヒマはないんですけど・・

場面展開は7つ・・どれか削れるかな?
前半カットでいきなり後半から・・日照りの場面なしじゃあ噺が成立しません。
後半カットで「わあわあゆうております」・・わあわあ言ってないし・・
わぁぁぁぁぁど~~~しょ~~~

ここでわあわあ言ってもどーもならんのです。
日本中で300人の社会人落語家仲間がおんなじよーな苦労してんのかな?

カミさんは初めから10分そこそこらしい、そりゃずっこい・・って何が?

まずは削れるだけ削ってみました。
涙を呑んでお気に入りのクスグリをカット、ここを取ってこれを省いてこう縮めて表現を変えて・・もぉーできん、これ以上やったら落語じゃなくなる。

これで・・ん~と15分・・えっ?15分?
・・え~っと・・本番じゃあバカウケして笑い待ちするから・・プラス3分で・・
「いらん心配せんと、バサッと大胆にカットしんさい、バサッと」カミさんの声、自分は9分以下にまとまったもんだからすっかりラクになっちゃって・・

それからは1字2字との闘いでした。落語に目覚めて40ン年、こんなに苦しんだのは初めて。でもやればできる、10分を切りました、マクラも笑い待ちもなしで、ですが・・
なんか苦しみがだんだん楽しくなってきました。(Mだってのがバレた?)
そして今、9分ちょい、これでいける。
おもしろさの質は落ちてない・・はず・・と思います。

落語の神様ありがとう。
できれば当日3時半池田駅前南会館に降りてきてくださればとっても嬉しいのですが・・

これで私の「飛び道具A」雨乞い源兵衛10分広島バージョン完成です。
えっ、ちっとも飛び道具じゃない?
そんなことないでしょ、みなさん「ネイティブ広島弁」使えないでしょ?

あれ?池田会館6番手のジャンボ衣笠(広島の仲間)、予選は「広島弁 親子酒」って・・あ~~、あのオヤジ同じよーなこと考えてたんだ・・まっいいか、会場違うし・・

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田(どん兵衛かチキンラーメン欲しいよ)」3 [プロジェクト池田]

2011年08月19日12:29の日記

ちゃん平さんから「すべてさらけ出さないととても太刀打ちできない、と決勝の楽屋で感じた」というコメントをいただきました。
決勝の楽屋ってコワイとこなんでしょうね?想像しただけで心臓が縮みあがります。

は?余計な心配?・・おっしゃるとおり。
でも煩悩の塊で実力はない・・わずかでも確率を上げる努力はしておきませんと・・(そんなヒマがあったらまともに稽古しろよ、という声には耳を塞いでますけど、何か?)

独りよがりの妄想の主催者ニーズその③
「社会人落語がプロとは全く別物として発展し、池田が聖地になればいいなぁ」と思っている・・はず
(独りよがりの妄想です、何度も何度も言いますけど・・)

マスコミ「市長、今年も大成功ですね、おめでとうございます」
倉田市長「毎年プロとは一味違う新たな魅力を持った社会人落語家が大勢集まってくれる、ああ続けてよかった」

こうなりたい、と思っている・・はず
(独りよがりの妄想です、しつこく言いますが・・)

じゃあ、プロとは違う発展って?

私の貧困な発想力では名案は出ませんが、たったひとつ、こんなの『も』アリじゃないかな、って思うのが

「全国各地の社会人落語家が、それぞれのお国言葉で活動する」って案。

プロなら訛りをきちんと直し、きれいな江戸言葉・上方言葉で「文化」を継承していかなければならないでしょう。でも「大衆芸能」なら、その地の言葉で発展させるの『も』アリじゃないの?って。

いろいろご意見・考え方はあるでしょう、きっと。
でも落語って、基本を外れなければ自由奔放でいいんじゃない?こんなの『も』アリじゃない?って。

ということで私の「飛び道具A」とは「広島弁」
なぁんだ、って思いました?
でも全国の皆さん、「広島弁」マネできないでしょ?(しようとも思わない?)

じゃあ具体的には?

これが、やってみるとけっこう苦労するんですよ。
古典の名作を広島弁に翻訳してみると・・文才がないもんで、変にぎこちなくなるかおもしろくなくなるだけ、困った困ったコマドリ・・遊んでるヒマはないんです、はい。
江戸の噺を上方に持って行き、上方の噺を江戸で作り変えた昔の名人はえらいなぁ・・

んーーどうする???

チョーン、お中入りぃぃぃぃ~~

てい朝さん、まだ長めですが今日はこれくらいでカンベンしてやりましょうよ、ね、ね

次回、「飛び道具A完成編」お楽しみに・・って、誰か待ってますか?

nice!(0)  コメント(0) 

「プロジェクト池田(副題・どん兵衛欲しいよ)」2 [プロジェクト池田]

2011年08月15日11:39の日記

前回の日記で何人かの方からご指摘いただきましたが、事前審査に落ちた方のことをどうこうと言うつもりは全くありません。いやな思いをなさった方がおられましたらお詫びを申し上げます。
「たぶん主催者は全国から出場者を集めたいと思ってるんだろうな」と感じた、という独りよがりの妄想ですので、事実と違ってましたら優しく優しくご指摘、ご指導をお願いします。

ということで、エントリー前に心の中でひそかに立ち上げた

「プロジェクト池田(副題・どん兵衛欲しいよ)」独りよがりの妄想の主催者ニーズその②「注目されたい」・・はず

主催者として注目されたいだろうな・・ということ。
マスコミから、そしてなにより他の自治体から。

「落語のまち 池田」として税金を使っての大会ですから池田市として効果を期待するのは当然でしょう。
全日本社会人落語選手権とか国民文化祭なら、仲間の誰もが認める「うまい人」がズラリと上位に並びます。落語好きにはたまらなく魅力的です。
でも町興しの祭りの基準としたら「うまい人を並べる」 『だけ』 ではたぶん予算を通してもらえないでしょう。
もちろん、うまい人を中心にする、その上でまわりに「注目」とか「話題」とか「マスコミ受け」とか諸々・・それら全部をひっくるめて「注目されたい」・・はず
(独りよがりの妄想です、何度も言いますけど・・)

よしここだ、「うまい人」の範疇にはとても入らんが脇道&路地裏なら任せんさい、倉田市長ありがとう(知らん知らん、わしゃ忙しい・・って言われるかな)この次あなたに一票入れます・・ん?選挙権なかった・・

とにかく、ここで私の目標が確定しました。
王道の1位2位なんて狙わない、そんな実力はない、ズバリ市長賞狙い(奨励賞とか特別賞とか設定されるならそれもよし)
あっ、昨年市長賞のちゃん平さんに実力がないなんて言ってるんじゃありませんよ、ちゃん平ファンの皆さん誤解されませんように。

待てよ、確か・・かみ落語19号を開いて確認・・あっ、どん兵衛じゃない、チキンラーメン・・副題変更しときましょう。

「プロジェクト池田(副題・どん兵衛かチキンラーメン欲しいよ)」

戦略目標決定・・市長賞(または奨励賞もしくは特別賞、そんな感じの賞)

そのために
戦術目標設定・・予選突破・・

って、どうやって????

全国の強豪が集う中を無策で正面突破なんて、原子力空母に竹槍で突っ込むようなもん、へたすりゃ突っ込んでいったことにさえ気付かれないまま終わりそうです。

ここは「飛び道具」だな・・そんなんより稽古しろよ、の声は耳に入りません。

「飛び道具」 第1回大会でタキシードとか袈裟とかあったと聞きましたが、衣装の奇抜さで勝負できるのは一回きりでしょう。
落研のプライドがありますので落語の範疇からははずれない、そして他人にまね出来ない「飛び道具」ってあるんだろうか????

過去の例を参照してみよう・・精神科の医者・・マスコミ受けはしそうだけど、今から医学部を受験するには30年いや38年遅い・・鰍沢・・いやいや、あの人は長短で予選突破できる実力があるからこその白石加代子だぞ・・にしゃんた・・いかんいかん、あの人の場合、存在自体が「飛び道具」だよな・・加えて社会人らしさ????

ここでやっと自己分析・・お前は何を持っている?・・うまさ?・・ないない、これは自他共に認める(ほんの少し涙)・・粋?・・なおのことないない・・人間的魅力・・いま何か火星人の寝言が聞こえたような・・新作落語創造力・・ちょっと口にしてみたかっただけです、はい・・う~~~ん、知恵熱が出るほど、昼寝もできないほど悩み考え、メシが喉を通らないので酒を飲み、なんとか「飛び道具」を2つ+1つ用意できました。
そんなんより稽古しろよ、の声は耳に入りません。

ということで、用意しました「飛び道具A B C」このうちの「C」は最終秘密兵器なので決勝の場まで封印します。これだけが賞味期限付き、てことは今回を逃すともう使えなくなる秘密兵器。
といって、予選で使うには「まだ社会人落語家として、いや人としての尊厳を失いたくない」
おそらく封印したまま墓場まで持っていくことになるでしょう。

次回、飛び道具A、Bをシリーズでお届けいたします。

nice!(0)  コメント(0) 

本番まで1ヶ月ちょっとになりましたね・プロジェクト池田 [プロジェクト池田]

2011年08月12日12:11の日記

昨年、毒きのこ、いや妻きのこが池田の社会人落語日本一決定戦に出場するとき、「応援に行く」と言っておきながら仕事のため行けず、ファン失格のウソツキ男になってしまいました。
今年もエントリーするというので、「今度は必ず応援に行く」ことにしていましたが、けっこうな費用をかけて行くのだから「エントリーしてみようかな」という気になり、どうせ出るなら少しでも入賞の確率を上げる努力をしておこう、ということで

「プロジェクト池田(副題・どん兵衛欲しいよ)」

を心の中だけで立ち上げました。
(そんなヒマがあったらまともに稽古しろよ、という声には耳を塞いで)

まず「プロジェクト池田(副題・どん兵衛欲しいよ)」第一関門の事前審査

これはあんまり心配してませんでした。

えっ、自信たっぷりなのかって?

いえいえ、そうではありません。
理由は、広島だから

広島のレベルが高いのかって?

確かに広島の「てい朝さんのレベル」は高いですけど、私なんぞ最低基準線だけはなんとか越えてるかな、ってなもんです。
じゃあなんで心配しなかったのか?
広島だから、田舎だから、と言うか関西ブロック以外だから

己を知り敵を知ろう(これより先はすべて、あくまで私の独りよがりの妄想です。妄想ですから事実とは大いに異なってる・・かな)

自己分析はこの次として、「敵」(ここでは主催者を指します)が何を欲しているのか、これを考えます。相手の立場で考え、ニーズにふさわしい商品・サービスを提供する、これってビジネスの基本ですよね、うん、しっかり「社会人」です。

で、主催者ニーズとしては
その①「社会人落語『日本一』」を謳いたい・・はず

日本中から集まってほしい・・大阪とその近くばかりじゃマズイよなぁ・・と思っている・・はず。

北海道、青森、沖縄からのエントリーがありますが、交通費を出してでも参加してもらいたい「お客様」のはず。
中国地方は、岡山1人と広島4人、山口・島根・鳥取は0です。事前審査で落としゃせんだろ、と思ったのはそういう訳です。

大阪の皆さんはオリンピック陸上競技アメリカ国内予選とでも思っていただくしかないんでしょうね、あと東海地区と首都圏も厳しそうな感じですけど・・ああ、田舎でよかった。

次回、独りよがりの妄想の主催者ニーズその②「注目されたい」・・はず
をお届けします。

nice!(0)  コメント(0) 
プロジェクト池田 ブログトップ