So-net無料ブログ作成
検索選択

きのこ観察日記 最終章 [きのこ観察日記]

18歳 花の女子大生になり、ド田舎から広島にやって来てン十年、どれだけ落語をしたことでしょう・・
ここに最終章を迎えました。

社会人落語家をやめるわけではありませんが、無期限活動休止することになりました。

ってことで、今度はいつ広島のお客様の前で演じられるかわかりません。
以前にも書きましたように、いつも「この次はない!!」と思いながらの高座ですが、今回は「ホントに最後かもしれない!!」ということで意気込みが違ってました。

広島演芸協会の定例会「話芸に親しむパート93」
KIMG0112.JPG

演目は「うそつき」
そう、池田の大会で広島勢初の決勝進出を果たしやがった、あの「半自作ネタ」
http://884san.blog.so-net.ne.jp/2012-12-14-19
あの予選の神憑り的なデキの良さはとても再現できるものではなく、本人もその後この「けっこうよくできているネタ」をずっと封印してました。
(あのときよりクオリティの劣るデキで地元の皆様にお目にかけるなんてできない!っていうクソ生意気な理由をつけて)
大会の前に一度だけ地元で演じたことはありましたが、そのころはまだまだ荒削りで仲間にもお客さまにも覚えてもらってないでしょう。
それを「やる!」っていうからには「本気」みたいです。
私の前では決して稽古をしませんが、コソコソとだいぶ稽古し仕上げていくのがビンビン伝わってきましたから。

で、結果は?
「池田の予選ほどではなかったけど、決勝のときより楽しそうに思えた」
というとこでしょうか。

「どうしても見てほしい人」にもちゃんと見ていただけたし、本人も満足して活動休止に入りました。


いつになるかわかりませんが、「きのこ観察日記・再開初号」をお届けします。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。