So-net無料ブログ作成
検索選択

笑いの神様と仲間のみなさんに感謝感謝 [プロジェクト池田]

2012年9月11日の日記

池田の予選で私の出番は予選21人のちょうどド真ん中の11番、あちこちたくさん見て回るわけにもいかず、コミュニティー1F、去年同会場で知り合った伴美家羽寝さんを拝聴、会場はいまひとつ硬さが残っている中「おっ、こりゃおもろい」

満足してすぐ2Fへ駆け上がり、これまた去年同会場で私の次だったウーロンちゃんに間に合いました
私のことを覚えていてくれて「年に1度会えるなんてステキですよね!」なんて言ってくれて、オジサンはちょっぴりうれしい(カミさんにはナイショ)
で、次のジャンボ衣笠(広島の仲間)の応援をイヤイヤながらやって(←って、ウソよ)大急ぎでピアまるに戻ります

なんとかこまちさんに間に合いソデから拝見、ウマイ!まんじゅうこわいって、こんなにオモロかった?
エントリーは福井だけにしてよ、って本気で思いましたもの

ふたり前の呆っ人さん、高座に上がるのに介助が必要なほど目の悪い方なのに目線はしっかりしてるし、笑吉さんの「この人はウマイですよ」の情報通りのすごさ、日本は広いんだなぁ

急にあせりを感じてブツブツとネタの確認、木凛さんほとんど聴けてません
さあ、来た、よしっ行くぞぉ

「10分中入りで~す、すみませんね、いいですか?」

いいですか?って、中入りなしって言ったぞ、駅前広場で聞いたぞ、
いちど下がった会場の雰囲気を盛り上げるテクなんて自慢じゃないが持ち合わせちゃおらんわい、どうせならもうひとりすませて、猿さんの前で中入りにしろよ~

と心の中で叫んで、口からは「あ、はい、いいですよ・・」

10分後、気を取り直して高座へ、あっお客さんちょっと減ってるし雰囲気落ち着いてしまってる、でも自分なりに工夫をし、ヘタなりに稽古も重ねた大好きな噺です、思いよりウケは少ないながらも自分では全力、まあまあのできでした(他人が何と思おうと・・)

次の猿之助さんを会場の後ろから拝見・・こりゃモノが違うワ・・予選出場者中たぶん10人くらいいらっしゃるであろう、社会人落語家の中で「突き抜けた人たち」のおひとり
工夫に工夫を重ねてる、「本気」がビンビン伝わってきます

誰が選ばれるにしても、私の「メ」はないことがはっきりわかりましたので気持ちを切り替え急いで落語みゅーじあむへカミさんの応援にむかいます
もともとカミさんの応援ついでに、どうせ大阪まで行くなら私もエントリーしてみようかな、ってことから始まってますからね

きのこ観察日記14に続く
(「あの」猿一派に加えていただいたからには、日記は続きモンにしなきゃね)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。