So-net無料ブログ作成

「プロジェクト池田(どん兵衛かチキンラーメン欲しいよ)」3 [プロジェクト池田]

2011年08月19日12:29の日記

ちゃん平さんから「すべてさらけ出さないととても太刀打ちできない、と決勝の楽屋で感じた」というコメントをいただきました。
決勝の楽屋ってコワイとこなんでしょうね?想像しただけで心臓が縮みあがります。

は?余計な心配?・・おっしゃるとおり。
でも煩悩の塊で実力はない・・わずかでも確率を上げる努力はしておきませんと・・(そんなヒマがあったらまともに稽古しろよ、という声には耳を塞いでますけど、何か?)

独りよがりの妄想の主催者ニーズその③
「社会人落語がプロとは全く別物として発展し、池田が聖地になればいいなぁ」と思っている・・はず
(独りよがりの妄想です、何度も何度も言いますけど・・)

マスコミ「市長、今年も大成功ですね、おめでとうございます」
倉田市長「毎年プロとは一味違う新たな魅力を持った社会人落語家が大勢集まってくれる、ああ続けてよかった」

こうなりたい、と思っている・・はず
(独りよがりの妄想です、しつこく言いますが・・)

じゃあ、プロとは違う発展って?

私の貧困な発想力では名案は出ませんが、たったひとつ、こんなの『も』アリじゃないかな、って思うのが

「全国各地の社会人落語家が、それぞれのお国言葉で活動する」って案。

プロなら訛りをきちんと直し、きれいな江戸言葉・上方言葉で「文化」を継承していかなければならないでしょう。でも「大衆芸能」なら、その地の言葉で発展させるの『も』アリじゃないの?って。

いろいろご意見・考え方はあるでしょう、きっと。
でも落語って、基本を外れなければ自由奔放でいいんじゃない?こんなの『も』アリじゃない?って。

ということで私の「飛び道具A」とは「広島弁」
なぁんだ、って思いました?
でも全国の皆さん、「広島弁」マネできないでしょ?(しようとも思わない?)

じゃあ具体的には?

これが、やってみるとけっこう苦労するんですよ。
古典の名作を広島弁に翻訳してみると・・文才がないもんで、変にぎこちなくなるかおもしろくなくなるだけ、困った困ったコマドリ・・遊んでるヒマはないんです、はい。
江戸の噺を上方に持って行き、上方の噺を江戸で作り変えた昔の名人はえらいなぁ・・

んーーどうする???

チョーン、お中入りぃぃぃぃ~~

てい朝さん、まだ長めですが今日はこれくらいでカンベンしてやりましょうよ、ね、ね

次回、「飛び道具A完成編」お楽しみに・・って、誰か待ってますか?

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。