So-net無料ブログ作成

久しぶりの高座です [落語やりました]

2011年07月30日の日記

気がつくと一月以上間が空いてる、とは言うものの、年間に10席そこそこしかこなさないのですからまあこんなもんでしょうか。

仲間であり、広島を代表するリーダーのてい朝さんは年間100とか200席(くらいだったとと思う、たぶん)ほど、ほかにも、「いつ仕事をしてんだよ」と言いたくなるような仲間の中で、なんと存在感のないこと、年数だけは重ねてますけど。

ということで、ほかの人より一回の比重がとても重いので悔いのないよう気を引き締めて、軽~くやってきます。芸風にも存在にも重み・深みがないもんで、人情噺をじっくりとか芝居噺をキチンとやろうなんて、チャレンジどころか思ったことさえありません。まっできないってのが本当のところですけど。
とにかく面白い、楽しい噺が好きです、聴くのも喋るのも。

で、今回は夏真っ盛りということで「たがや」(初夏のネタですけどね)。
お手本は30数年前の私。
なんと学生時代のテープが残ってたんでこれをボイスレコーダーに入れて聞いてます。
これが絶品(だれも言ってくれないので自分で言います)、先日テレビで見た「学生落語日本一決定戦」に出てたら2位か3位には入ってるよな、と独り言を言うほど面白くてもう最高なんです。
なにしろ笑いのツボがピタリとはまる(本人なんだから当たり前か)元気もいいし、迫力もある。ちょっと深みが足りないけど(それは今でも足りない)そんなことは吹き飛ばしてしまうほど楽しそうにやってるんです。

親子ほど年の違う若い自分にちょっと嫉妬してます。
おまえはどうしてそんなにおもしろいんだっ・・て。

学生落語家から社会人落語家になって、人生の経験を積んで、それなのに落語がヘタになってるとは思いたくありませんが、当時ほどの熱い情熱が今ないのは確かです。(落語のことだけ考えてるわけにはいきませんもんね)

よし、今日の目標は「社会人落語家として30年前の学生落語家に勝つ」・・と日記には書いておこう。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。